# テレメトリ

Gondolaは、製品改善方法を理解することに役立つテレメトリデータを収集します。このデータを使用して、起動回数を最適化し、新機能に優先順位を付け、強固さを増大します。GondolaはGondola StudioあるいはGondola Test Runnerを使用して、2つの方法でテレメトリデータを受けます。

# Gondola Studioのテレメトリの無効化

Gondola Studio拡張機能をインストールしておく必要があります。

  1. VSCodeを開く
  2. 設定を開く:File > Preferences > Settings (macOS: Code > Preferences > Settings)
  3. gondolaを検索します。
  4. Gondola: Allow Telemetry設定のチェックをしません。
  5. 設定を有効にするには、VSCodeを再起動する必要があります。 Gondola Studio Telemetryを無効にする

TIP

これは、ユーザー(グローバル)あるいはワークスペース設定です。

# Gondola Test Runnerのテレメトリを無効にする

Gondola Test Runnerは、テストを実行するとテレメトリデータを送信します。この設定はプロジェクトの構成ファイルで設定され、VSCodeユーザーまたはワークスペースの設定に基づいていません。 Gondola Test Runnerのテレメトリを無効にするには、以下のように、gondola.*.jsonファイルに "telemetry":falseを追加します。

"telemetry":false,
"tests": "./built/**/testPage.js",
"timeout": 10000,
"output": "./results",
//行は簡潔のために削除されました。
最終更新: 2020/10/5 4:04:02