# Gondolaの概要

何を習うこと

ツールの概要と、Gondolaのコアコンセプトをお伝えします。

# テスト作成手法

Gondolaは、以下の様々なテスト手法をサポートします:

# Gondola Framework

Gondola Frameworkは、Selenium、Appium、Protractorユーザー向けの統一して使いやすいAPIsセットです。

ウーザーがABTとPage Object ModelサポートのBDDを使って、テストスクリプト作成を許します。Test Runner (CLI)は、マルチブラウザー/マルチデバイス構成と並列でテストを実行できます。

Gondola Frameworkは詳細なステップとスクリーンショット付きのHTMLとXMLでテスター向けのレポートを生成します。その上、ウーザーが自分のレポートを作成するためのAPIsもあります。

# Gondola Studio

Gondola Studioはテンプレート付きのGondola Frameworkを使用して新しいテストプロジェクトの作成を手伝うGUI-based Toolkitです。その上、ライセンス情報を管理する場所です。

Gondolaは、テストの設計、自動化、管理、および実行のために、豊かで使いやすい体験を提供します。

# プロジェクトの構造

BDDに対しては、以下のようなプロジェクト構造を推奨します。 project structure 4 BDD

ABTに対しては、以下のようなプロジェクト構造を推奨します。 project structure 4 ABT

# 構成ファイル

Gondola Frameworkは構成ファイルを使用して簡単にカスタマイズできます。そこで、Gondolaがどうプロジェクトとインタラクトするか、カスタマイズできます。

  • テストファイルの保存場所
  • テスト結果の保存場所
  • 自動化の構成と変更の技術
  • など

# ロケーター

ロケーターは、Gondolaが実行されている、(構成可能)自動化の技術によって理解されます。現在のロケーターを直接Gondolaに渡すことができます。あるいは、それをILocatorで包みます。そして、Gondolaは現在のプラットフォーム(iOS/Android/Web)に正しいロケーターのタイプを選択します。

POM Builderは全てのオートメーションテストにロケーター生産を許するGondola環境の製品です。

# テストランナー

テストを実行するには、Mochaを使います。つまり、Mochaプラグインなど、Mochaがサポートするす全ての機能があります。

最終更新: 2020/10/5 4:04:02