# 構成

Gondola構成は、プロジェクトのルートフォルダーにあ、gondola.jsonファイルで設定されます。

これは、利用可能なオプションの概要とそのデフォルト設定の概要です:

  • tests: "./*_test.js" - テストを見つけるためのパターン(TypeScriptファイルから構築されたもの)
  • grep: - 名前でテストをフィルタするためのパターン
  • timeout: 10000 - テストのデフォルトのタイムアウト
  • output: "./output" - テストの出力(スクリーンショット、レポートなど)を保存する場所
  • helpers: {} - 有効なヘルパーのリスト
  • mocha: {} - mochaのオプション。レポーターはここで設定できます
  • multiple: {} - 複数のオプション
  • translation: - ステップ出力を出力し、ソースコードで使用するため
  • require: [] - gondolaを開始できる前に、必要なモジュールの配列

# 必要

実行する前に指定されたモジュールが必要です。このオプションはアサーションライブラリに役立ちます。各テストファイルでrequire('should')を手動で呼び出す代わりに、--require shouldを使用できます。"require": ["/lib/somemodule"]とインストールされているパッケージのような相対パスで使用できます。

ts-nodeを登録できるし、ts-nodeパッケージを使用したテストでTypeScriptを使用できます。

{
  "tests": "./*_test.js",
  "timeout": 10000,
  "output": "",
  "helpers": {},
  "bootstrap": false,
  "mocha": {},
  // モジュールが必要
  "require": ["ts-node/register", "should"]
}

# 動的設定

デフォルトでは、設定のためにgondola.jsonが使用されます。コマンドラインの--overrideまたは-oを利用して、実行時にその値を上書きできます。引数として、有効なJSONを指定します:

gondola run -o '{ "helpers": {"WebDriver": {"browser": "firefox"}}}'

設定ファイルを別の場所や別の名前で保存したい場合は、--configまたは-c を利用できます:

gondola run --config=./path/to/my/config.json
最終更新: 2020/10/5 4:04:02