# データ駆動型テスト

異なる入力データを使用して同じステップを実行したい場合が度々あります。Gondolaは、JSONまたはCSV形式のファイルを使用してこれをサポートします。Gondolaのデータファイルを操作する方法は2つあります。

  1. テストケースは、データファイルの各オブジェクト(JSON)または行(CSV)に対して実行します。
  2. 内部ループ:テストケースの一部は、ループを使用してデータを繰り返します。

# データファイル

# ロケーション

データファイルはプロジェクトルートの dataフォルダーの下に保存する必要があります。 データフォルダーにあるデータファイル

# JSON形式

[
    {
        "firstName": "john",
        "lastName": "doe",
        "password": "",
        "driverLicense": "CA123456",
        "passport": "830537258",
        "phoneNumber": "1-325-324-5553"
    },
    {
        "firstName": "david",
        "lastName": "baker",
        "password": "123456",
        "driverLicense": "CA654321",
        "passport": "942058316",
        "phoneNumber": "2-856-524-8636"
    }
]

# CSV


firstName,lastName,password,driverLicense,passport,phoneNumber
john,doe,,CA123456,830537258,1-325-324-5553
david,baker,123456,CA654321,942058316,2-856-524-8636

# 方法1:テストケース全体をループする

# 方法2:内部ループ

最終更新: 2020/10/5 4:04:02