# アクションベーステストの実施方法

アクションベーステスト(ABT)は、モジュール設計されたアクション駆動のテスト手法で、成功する自動テストを徐々に増やしていく体系的な方法を提供します。
モジュール設計は、適切なテスト管理を通じて、テスト設計やテストケース管理の課題を処理します。 アクション駆動テスト開発により、自動化作業や、その後の長期間の保守に要するプログラミング作業工数の大部分を削減することができます。

ABTは3つの要素によって成り立ちます:

  • トップダウンの、モジュール化されたテスト計画
  • テストモジュールの開発
  • アクション駆動テスト開発

# テスト言語

多くのテストは、アクションキーワードと引数を含む、一連のアクションによって構成されています。
アクションは、ビルトインのものだけでなく、アクション定義や自動スクリプトにてプログラムされたユーザー定義のものも利用可能です。
Gondolaのアクションは以下のような構文で記述されます:

action name **<argument 1>** ... **<argument n>**

**action name**:

  • アクション名は、Gondolaが何の操作を実行すべきかを指定します。

**argument**:

  • アクションの引数の数や型は、どのようにアクションが定義されているかによって異なります。引数は、String、Integer等の型を取ります。

enterアクションの構文例を示します:

Enter action syntax

# ビルトインアクション

Gondolaには、無数の機能を実施するためのビルトインアクションが含まれています。

ビルトインアクションは、Gondolaをインストールすると自動的に使えるようになります。ビルトインアクションにはいくつかのカテゴリが存在します:

# 開発中

最終更新: 2020/6/30 9:25:44