# データ駆動テスティング

Gondolaにおけるデータ駆動テストは、データ ソースから取得した値で繰り返し実行されるテストシーケンスです。
各テストサイクルでは、異なった値が用いられます。

Gondolaにおけるデータ駆動テスト機能では、テストとデータの分離が可能です。
これは、異なるデータ値のセットを使用して、一貫した シーケンスの操作とチェックを繰り返し実行する必要がある際に特に便利です。
これらの値は、入力値や期待する出力値のいずれか、又は双方の組み合わせも可能です。

データ駆動テストの詳細については、ガイドこちらを参照してください。

最終更新: 2020/6/30 9:25:44