# モバイルテストチュートリアル

# 前書き

モバイル環境を設定したので、テストを実行します。

# 前提条件

# プロジェクトを作成する

  • 新しいGondolaプロジェクトを作成するには、VSCodeのGondola Studioアイコンをクリックし、Create New Projectアイコンをクリックします。 Gondola Studio New Project Icon

  • プロジェクト作成ロケーションを選択します。

  • [Gondola-Appium] Blankプロジェクトテンプレートを選択します

  • 名前としてgexpensesを入力して、** Enter **キーを押します

  • Gondola Studioはプロジェクトのフォルダーを作成します

  • Explorerが開き、プロジェクトの作業を開始できます

TIP

Gondola Studioはコマンドラインツール npm -iを呼び出してGondola FWをインストールし、必要な依存関係をすべてダウンロードします。
以前にダウンロードしたことがある場合は、ステータスバーに*downloading...*と表示されていても心配はいりません。
更新する必要があるものがなければ、NPMはオフラインキャッシュからファイルをコピーします。

# プロジェクトを設定

  • gondola.jsonのコピーを作成して、名前をgondola.android.jsonに変更します
  • gondola.android.jsonを開き、appフィールドを https://storage.gondolatest.com/public/sample/gexpenses-1.0.2.apk に設定します
  • 次に、プロジェクトルートに srcという名前の別のフォルダーを作成します。
  • srcフォルダ内に、testsという名前のフォルダを作成します

WARNING

If you're using device running Android <=8.1 you'll need to add the flag: "appWaitForLaunch": false to the desiredCapabilities section of your gondola.json. This is an issue with Expo.

# 自動コンパイルを有効にする

Gondola Test Designerを使用してテストを記述します。
GTDは自動的にTypeScriptに保存しますが、実行するにはJavaScriptにコンパイルする必要があります。
ターミナルから以下のコマンドを実行して、テストに新しい変更を保存するたびに、コンパイルが自動的に行われるように設定できます。

npm run compile -- -w

# 最初のテストを書く

説明とマークされたフィールドにFunctionality Testと入力します

# TestBuilderの起動

  1. エミュレータを起動するか、デバイスを接続します。

Tip

Androidの実機を使用している場合、USBデバッグを有効にするになっていることを確認してください

  1. Appiumサーバーを起動する
  1. TestBuilderアイコンTestBuilderアイコンをクリックします。 TestBuilderを起動した後、Create new session dialogが開きます 新しいセッションを作成
    • 機能ファイルとしてgondola.android.jsonを選択します。

# TestBuilderの使用

TestBuilderの初期化が完了すると、Device Live ScreenにG Expensesアプリが表示されます using testbuilder

  1. テストケースセクションに1つの空白の テストケースが表示されます。 説明フィールドにcheck tabsと入力します
  2. デバイスのライブ画面(Device Live Screen)で、ヘッダーの"Expenses"と書かれたテキストを右クリックします。
  3. コンテキストメニューが表示されたら、wait for elementをクリックします。 秒数には10を入力します。このキーワードとテキストのロケーター情報を含むテストケースの新しい行が表示されます。

知ってますか?

Gondolaはスマートな待機を使用します。wait for elementで指定する秒数は、Gondolaが待機する最大秒数です。要素が早く表示されると、Gondolaは待機を停止します。

  1. ヘッダーをもう一度右クリックして、check textを検索します。 チェックするテキストに"Expenses"と入力します。
  • Expensesタブを確認したので、他のタブが機能することを確認します。
  1. 画面下部のダッシュボードタブアイコンダッシュボードアイコンを右クリックし、tapをクリックします。
  2. 画面が更新されるまで待ち、ダッシュボードのヘッダーを左クリックしてwait for elementをクリックし、10秒と入力します。
  3. 次に、ヘッダーのテキストに"ダッシュボード"と表示されていることを確認します テストケースは次のようになります:

# テストを保存して実行する

  1. 保存ボタンを押します。expenses_testと入力して、Enterキーを押します。
  2. これが完了したら、npm run testと入力します

# 結果の表示

テストを実行すると、デフォルトのブラウザに結果がポップアップ表示されます。

TIP

デフォルトでは、GondolaはMochawesomeをテストレポーターとして使用します。
ただし、Gondolaで他のテストレポーターを使用できます。 詳細については、ここをクリック

# 2番目のテストケースの追加

さまざまなタブが存在することを確認したので、いくつかの機能をテストしてみましょう。
経費を追加し、表示されることを確認します。

# 新しいテストケースブロックの作成

  1. 下の行にある新しい行を追加ボタンをクリックして、新しい空白行を作成します。
  2. 新しい行の最初のセルに"テストケース"と入力します。
  3. description fieldadd expenseと書き込みます。

# ホームタブに戻る

次のテストケースでは、ホームタブに戻る必要がありますが、これをテストケースに追加する必要はありません。 デバイスのライブ画面の下部にあるInspection/Interaction Modeボタンをクリックします。

  • 青色である必要がありますInspection mode button、クリックしてInteraction Modeに入ります
  • インタラクションモードボタンInteraction Modeで、GExpenses home iconGExpensesのExpensesタブに戻るためのホームボタン
  • 次に、アクションを追加したいので、もう一度ボタンを押して、検査モードに切り替えます。 青色に変わります検査モードボタン

# 経費の追加と確認

  1. ヘッダーを右クリックし、wait for elementを使用して10秒を入力します。
  2. ホームタブの上隅にある+ボタンを右クリックして、タップアクションを選択します。
  3. Add Expense画面が表示されたら、Descriptionフィールドを右クリックしてwait for elementを選択し、10 secondsと入力します。
  4. 次に、同じDescriptionフィールドをもう一度右クリックしてenterを選択し、Coffeeと入力します。
  5. 次に、日付フィールドを右クリックしてtapを選択します。
  6. 日付ピッカーがポップアップしたら、タップして今日の日付を選択し、次にOKボタンをタップします。
  7. enterアクションを使用して、priceフィールドに 3.00を入力します。
  8. Add Expenseボタンを右クリックしてtapを選択します。
  9. 画面が更新されると、Todayというラベルの付いたセクションの下にCoffeeと表示され、価格が$3.00と表示されたリストアイテムが表示されます。
  10. リスト項目を右クリックし、wait for elementを選択し、秒数として10を入力します。
  11. Coffeeと書かれたテキストを右クリックし、check textを選択します。Coffeeと入力します。
  12. $3.00というテキストを右クリックし、check textを選択します。$3.00と入力します。
  13. テストを保存して実行します。

# テストを保存して実行する

  1. 保存ボタンを押します。
  2. ターミナルでnpm run testと入力してEnterキーを押します。
最終更新: 2021/2/2 6:54:30