# 最初のABTプロジェクトを作成

このトピックでは、Gondola Test Designer(GTD)およびCar Rentalサンプルアプリケーションを使用してAction Based Testing(ABT)テストを作成する方法を説明します。
ユーザーが有効なアカウントでログインしたときに、Login Page(またはLogin Activity)が正しく機能するかどうかを確認します。

# 前提条件

# ABTプロジェクトの作成

  1. Visual Studio Codeを起動し、Gondola Studioアイコンをクリックする。
  2. 新しいプロジェクトを作成アイコンをクリックする。
  3. プロジェクトディレクトリを選択する。
  4. [Gondola-Appium] Mobile ABT Sampleのテンプレートを選択する。
  5. プロジェクト名を入力し、Enterを押下する。
  6. Gondola Studioが新しいプロジェクトを生成します。

# テストモジュールの作成

これらの指示に従って、ログインテストサンプルという名前の新しいテストモジュールを作成し、簡単なテストケースをテストケースセクションに追加します。

  1. あなたの説明はこちらフィールドにモジュール名Login Test Exampleを入力します
  2. テストケースセクションに何もない場合は、最初の列の任意のセルにテストケースと入力してエンターを押すと、新しいテストケースを追加できます。
  3. テストケースの説明セルをクリックして、Login Validationと入力します。
  4. テスト用のスクリプトを定義します。 テストケースのメインフローは、次の行に従う必要があります。
    ログインフォームがロードされるのを待機する >> 有効なアカウントでフォームに入力する >> ログインボタンをクリックする。 また、フォームとやり取りするために要素のロケーターを見つける必要があります。

テストケースは次のようになります。 Simple Test Case without using Page Object

注意:

新しい行を追加ボタンGondola Test Designer New Line Iconをクリックするか、キーボードショートカットCtrl+Iを使用して、新しい行を追加してください。 Gondola Test Designersのキーボードショートカット ここをクリックの詳細を読む

  1. テスト構成ファイルにテストを追加します

# テストを実行

  • 手順こちらに従ってテストを実行します。

# ページオブジェクトモデルの適用

  1. これらの指示に従って、Login ActivityloginPageSampleという名前のページオブジェクトを作成します
  2. LOCATORSセクションでログインボタンとユーザー名とパスワードのテキストボックスのロケーターを定義します。 Page Object Locators
  3. METHODSセクションでloginメソッドを定義します。 キーワードとしてloginを使用します Page Object Methods
  4. loginTestSampleテストケースのスクリプトをloginメソッドに置き換えます Importing a Page Object

TIP

ページオブジェクトとその使用方法の詳細については、ここをクリック

  1. Welcome TextViewのロケーターをページオブジェクトに追加し、ログインプロセスが成功したかどうかを確認するアクションを追加します。
    すべてのテストケースには、予想される結果と実際の結果が同じであるかどうかを確認するために、少なくとも1つのチェックポイントが必要です。

Welcome Textbox Locator Welcome Activity

ログインに成功すると、Welcome Activityが表示されます。
したがって、このテストケースの最後の手順は、Welcome Textboxが表示されているかどうかを確認することです。 Test Case with Checkpoint

注意:

ユーザーが使いやすいように、サンプルに間違ったパスワードを使用しています。 正しいパスワードはblank("")です。

最後に、保存して再実行 loginTestSample

最終更新: 2021/2/2 6:54:30